神待ち掲示板で知り合った女

偶然街で以前神待ち掲示板で知り合った女と会った。気まず感じはあったが、慣れればエッチした中なので、大丈夫でした。
そのままラブホへ直行しました。
私は、自分のズボンと下ろして下半身を露出させました。すでに勃起状態にあつたべニスが、ぴょこんと滑稽な動きで起き上がりました。
神待ち娘は、立ち上がった私の足元にひざまずいて、フェラチオをはじめました。
ぺニスの裏筋からカリの部分まで舌を這わせ、愛おしそうに舐め上げてくれました。
離婚した妻のおざなりなフェラチオとははっきりとちがう丁寧さでした。
神待ち掲示板で知り合った男とエッチして身に付けたのか、嫉妬が沸き起こりましたが、私のぺニスにむしゃぶりついているという満足感には変えられません。
こんな気持ちいい優しく心のこもった舌技に巡り会えるなら、人生もそう悪くないな、と本気で思えるような気分だった。
むずむずと、射精の前兆が、尻の奥に感じられました。いや、このままイクわけにはいきません。
何度でも絶頂を味わえる女とは違い、男の絶頂は繰り返せるものではなく、 二度目の勃起はどうしてもやや弱くなるものです。
最初のセックスは、完璧な勃起で飾りたかったのです。
私は腰を引いてフェラチオを中断させ、ベッドに手をつかせました。いわゆる立ちバックの体勢です。
闇の中に白く浮かぶ尻。突き出されて、もじもじとペニスを待ち望む、煽情的な私はペニスに手を添えて狙いを定めました。
子供時代から思春期まで過ごした思い出が去来しました。
あるいは私が神待ちサイトで遊んだのは、間違いだったのではないか。そんなふうに思いました。
私は腰を突き人れました。
柔らかい女性器の肉を貫いて、私のペニスは、一気に膣奥に届きました!

神を待つ若い少女達

神待ちサイトで知り合ったは、19歳の娘は、本当にエッチでした。その神待ち少女は、大切な場所から、すんだ透明の愛液を垂れ流している。結構感じやすいのかもしれません。
男はプレイボーイだから、むろん愛液の種類も臭いもたくさん経験していました、どろどろした愛液が、あそこをつたい肛門にまでつたっているのをまじまじと眺めました。
時折、家出少女は股間に力を入れ、締めたり開けたりしている。
かなり敏感な女性でした。快楽が欲しかった私は、家出少女の体をじっくりと楽しんだ。もう、いい年なので、こんな若い女性と知り合うきっかけは、日常生活では、まったくありません。
そうしているとどんどん興奮して、不覚にもいきそうになり我慢できなくなった。やまらず女性にフェラをしてもらうと、そのまま彼女の口の中で果ててしまった。なんと彼女は、そのまま私の精液を飲んでしまった。私は、聞いた。
そうやっていつも男のザーメンをごくりと飲んでいるのか?家出少女の答えはすぐにはなかった。

それから、彼女とは、定期的に会っている。きっかけは、どうであれ今では、いい友達です。エッチしないで食事だけの時もある。一度エッチしていると、男女の関係は、気を使わなく済むから楽ですね。このまま、付き合うのもありかと思ってます。振られるかもしれませんが。この前は、映画に行きました。そのころから彼女は家出をやめて家に帰ったようです。神待ちBBS

再び神待ちBBS

私には、家出神待ち掲示板で知り合った女性がいる。彼女とは付き合って2年にもなるのに、将来のことを話題にすると、すぐに話をごまかして私に背を向けてしまう。最近は、仕事が忙しいと言い訳をしてエッチもままなりません。ネットで知り合っただけに、また、家出神待ち掲示板で遊んでいるんじゃないかと疑ってしまいます。
付き合いの長い恋人同士にありがちなマンネリなのかもしれないが、浮気を疑う自分がいました。
そんな取り留めのないことを思い悩んで毎日が憂鬱でした。

そんなある日彼女のスマホのラインのメッセージを偶然見つけました。そこには、神と言う文字が・・・。一瞬でぴんときました。彼女は、神待ち掲示板で遊んでいるのです。ついに証拠を見つけた私はどうしようかと悩みました。

元々の出会いが掲示板なので、あまり強く責めることもできないのです。そして、知らず知らずのうちに私も神待ち掲示板に再び登録しました。もう、なるようになれと言う感じです。

神待ちのきっかけ

29歳のときに年上の妻と結婚し、新興住宅街に引っ越してきました。
彼女は優しくて、子供が生まれてからはやさしいお母さんにに変身しました。

しかし、ある日彼女は、家出したのです。びっくりしました。2日後帰ってきましたが、悪びれた様子もなく普段道理の感じでした。その夜いろいろ話をすると神待ちもしていたらしいのです。熟女の神待ち掲示板に登録して、男からのメールを待っているのです。
そんな彼女に一つだけ不満がありました。それは彼女がお酒をまったく飲めないこと。授乳期間中も飲めなかったので、いつも外で飲んでいたのです。それが不満で家出をしたようです。ひどいもんですよ。
駅前にある居酒屋に行くと、常連がいて、乾杯して盛り上がりました。妻のグチもありましたが、下ネタ中心です。盛り上がれば風俗にも行きました。それが嫁にばれていたようです。神待ちの原因は、私だったのです。自業自得ですね。
いつも最初はビールを飲んでいたのですが、途中からおいしいと評判の泡盛を飲みはじめました。これがいけなかったんです。自分では大丈夫なつもりでしたが、ふだん飲み慣れない泡盛で頭が狂ってしまい、いつのまにか飲みすぎていたんです。
12時ごろになると最後に残って介抱してくれていたママも帰らないといけないからと言いだしました。
友達に迷惑はかけられないしと困っていると、景気のいいかけ声で店を取り仕切つていた居酒屋の主人が休んでいくといいよと言ってくれたので、お言葉に甘えることにしました。そこはお座敷になっていたので、靴を脱いで横になるとずいぶん楽になって寝てしまいました。

泊めてあげました

私は、恋人はいませんが、エッチは神待ち掲示板で結構しちゃってます。JKとセックスしたことが何度かありました。その時の感想は、特にないのですが、肌の弾力はやっぱり違いましたね。若さがすごかったです。でも、世の中で言うほどいいものではないというのが正直な感想だった。
最愛の人との最高のセックスをしたいと夢見ていた私は、現実の感動のなさに少し落ち込みました。神待ち娘に愛情を求めること自体が少し違うんですね。
単なる出会いのツールとしか考えてませんから、楽なものです。風俗に行く感覚と近いかな。お金はかかりません。そこが大きな違いです。いろんな掲示板がありますが、家出系が一番エッチの確率が高いですね。熟女よりエッチできちゃいます。おいしい出会いですよ、本当に。かれこれ30歳のころからはまってます。今は、33歳なので、3年間やってますね。この先いつまで掲示板で遊ぶのでしょうか?永遠に遊びたいですね。